消費者金融カードローンのオススメポイントとは?!

カードローンのおすすめポイントとは

カードローンは今やなくてはならない存在だと言ってもいい位の存在になっています。カードローンにも色々ありますが、最も身近な存在と言ってもいいのが、消費者金融のカードローンではないでしょうか。お金を借りたいと思った場合、まず最初に頭に浮かぶのがこのカードローンでしょう。

ここでは、この消費者金融のカードローンについて書いてみたいと思います。消費者金融のカードローンに興味があるとか、初めて借りるけどどうしたらいいのか分からないという方はぜひご覧になってみて下さいね。

最近の消費者金融は金利が低い

金利が高いとか、返済が厳しい・・などといったイメージを消費者金融のカードローンにおもちではありませんか?ですが、ここ10年位でそんな消費者金融業界は変わっているのです。銀行系カードローンの金利までとはいきませんが、以前に比べるとかなり金利が下がっているのは事実です。

無利息サービスがある

なお、銀行系カードローンや信販系にないサービスが無利息サービスというものです。カードローンで無利息というのは、利用料金がかからないということですね。つまり、一般のお店で言うと、商品代金がタダ!ということになりますね。ほとんどの消費者金融では初めて利用するに人にこのサービスを行っているようです。

大手の消費者金融はほとんどが銀行系グループとなっており、どの業者もクリーンなイメージに変わってきました。なので、現在でも営業している業者は、苦難を乗り越えて生まれかわったと言ってもいいでしょう。特に、大手消費者金融なら、一流企業と信頼してもいい位です。

審査が銀行系より甘い

さて、どんな消費者金融のカードローンであっても必ず審査がありますよね。さらに、その傾向としては、消費者金融のカードローンは、銀行系のそれより甘いと言っては語弊があるかもしれないですが、対応が緩いと言わざるを得ません。特に、借り入れ額が少ない時は、収入証明書が不必要な場合がほとんどで、安定した収入があれば審査はほとんど通過できるようです。銀行系より消費者金融がおススメの場合もあります。状況に応じて使い分けるのがおススメです。

カードローンでマネーライフが充実

われわれ利用者にとって、手軽に低金利で利用できるカードローンがどんどん増えているのは嬉しい限りです。なので、自分の条件にピッタリ合ったカードローンがを選ぶだけで、毎日のマネーライフを楽しむことができるというわけですね。ぜひ、今後のあなたのマネーライフのご参考になさっていただけると幸いです!

車を購入するときにカードローンで用立てた体験談

車を購入するときに貯金で購入するか、半分はローンにするか、全額をローンにするか迷います。しかし私はカードローンで用立てることにしました。一気に貯金が減ると不都合もあったためです。自分の貯金を温存しつつ、ローンで少しずつ支払っていけばいいと思いました。

審査について

カードローンの申し込みをして審査はすぐに通りました。車の購入は2回目でした。1回目は貯金で買いました。2回目はカードローンを利用することしました。心配していましたが審査はあっという間に通りました。なぜなら契約社員だったからです。申込書にはきちんと会社名なども書きました。車の購入の書類を書いて、ローンの申込書も書いてとしているうちにスピーディーに手続きしました。

在籍確認について

在籍確認はやはりありました。職場の電話は一人につき一台ではなかったので冷や冷やでした。でも女性ですし、周囲で電話が鳴ると真っ先に取り次ぐような形で仕事をしていたたので問題なく自分で電話を取ることができました。午前中にかかってきたと思います。ちょうど会議で男性社員が出払っていたこともホッとしました。電話を掛けてきた人は普通に女性の人だったと思います。

金利について

金利に関してはそれほど気にならなかったです。自分で皮算用していたときは気になってました。また返済額は通帳から毎月、引き落としされるのでローンの返済をしている感覚はほとんどありませんでした。金利も元金と合算して決まった金額が引き落とされるだけです。普通な感覚でした。でも返済に要した5年は長かったです。

ちょっとピンチの月にはこの支払さえなければと思うこともありました。契約社員でボーナスも少なめでした。5年後、完済したときはハガキが一枚、家に届きました。カードローンの支払いが終了しましたという連絡でした。たったこれだけ?とは思いましたが記念に持っています。当時の申込書の書類をもう一度、振り返ってみていたら金利の占める割合は結構、大きかったかもしれないとあらためて思いました。達成感や充実感もありました。解放された感じもありました。

感想をまとめると

このように一度、カードローンを利用してみるとこんなものなんだと実感できます。カードローンを利用する前、想像していたよりも違って事務手続きのような感じでした。計画的にきちんと返済が可能であればとても使い勝手がよいです。大きな買い物をするときはまた利用したいと思っています。

申し込みブラックとは何か

キャッシングの審査に通らないからといって連続して申し込みをしたり、同時に複数の金融機関に申し込みをしていないでしょうか。そんなことをすれば、申し込みブラックになってしまい、審査に通らなくなってしまうかもしれません。

申し込みブラックとは

申し込みブラックとは短期間にキャッシングやカードローン、クレジットカードの複数の金融機関に申し込みをした人が、非常に審査に通りにくい状態になっていることを言います。何回融資を申し込んでも審査に落ちるという人は申し込みブラックになっている可能性があります。審査に落ちるからすぐに何回も申し込みをする人もいるでしょうが、申し込みブラックになってしまえば、審査に通らないのですから、この状態にならないようにすることが必要です。

申し込みブラックになってしまう基準とは

どのような申し込み方をすれば申し込みブラックになってしまうのかは、金融機関のそれぞれの審査基準によって違いはあるようですが、一般的には短期間とは一カ月以内、複数の金融機関とは3社以上であれば申し込みブラックになってしまう可能性があると考えた方がいいでしょう。しかし、申し込みをした期間が一カ月以上だからとか、申し込みをしているのが2社にしているから絶対に大丈夫であるということまでは言えません。ただ、申し込みをする場合に一カ月以上の期間を空けて、2社以内であれば申し込みブラックになる可能性はかなり低くなるということではあります。

申し込みブラックになってしまった時に

申し込みブラックになってしまったと判断できるような場合には半年間はキャッシングなどの申し込みを控える必要があります。申し込みをしてから半年間は金融機関が加盟しており、個人情報の収集と管理と加盟金融機関に情報提供を行っている信用情報機関の個人信用情報に申し込み履歴として残っており、その個人信用情報から申し込み履歴が削除されるのが半年後であるからです。仮に申し込みブラックになってしまったとしても半年間申し込みを控えていれば申し込みブラックからは解放され、通常の審査に戻るということです。

申し込みブラックにならないために

申し込みブラックになってしまえば、審査が通らなくなるのですから、ある金融機関に申し込みをした場合にはその審査に通らなくとも慌てて次の金融機関の申し込みをすることなく一カ月以上の間をおいて申し込みをすることで申し込みブラックになることは避けられます。

専業主婦でもキャッシングが利用できます

消費者金融は自分自身に収入のない人は利用することはできません。これは貸金業法でそう決められている為です。ですが銀行では収入がなくても専業主婦に対しては融資を行っています。

専業主婦は銀行のカードローンを利用しましょう

銀行には貸金業法は適用されないこともあり、収入がない人への融資も行っています。もちろん審査で返済が可能だと判断できた場合に限られますが、専業主婦は配偶者である夫に定期的な収入がある場合、その収入を元に融資を受けることができます

これを配偶者貸付といい、その為に書類が3点必要になります。まずは自分の身分証明書、また配偶者である夫の同意書、そして夫との婚姻関係を証明できる住民票、もしくは戸籍抄本や戸籍謄本です。

夫に内緒で融資を受けることができます

夫の同意書が必要という時点で、内緒で融資を受けるのは難しいと思われるかも知れません。ですがこの同意書が必要ない銀行があります。メガバンクの三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行では必要ありません。その他、地方銀行でも必要にならない銀行があります。またネット銀行の楽天銀行でも同様です。

このような銀行を利用すると、夫に内緒で融資を受けることができます。もちろん契約時に夫に電話でその確認するようなこともありません。カードローンの契約を行うのは自分なので、夫であっても他の人にその契約内容などを話すようなことはありません。

また返済が滞ってしまった場合でも、本人以外に連絡をしたり、請求するようなことはありません。契約をした本人が返済する必要があります

楽天銀行では住民票などの書類も必要ありません

契約時に必要な書類のうち、同意書が必要ない銀行はいくつかありますが、夫との婚姻関係を証明する書類はまず必要になります。ですが楽天銀行ではこの為の住民票などの書類も必要ありません。通常の少額のキャッシングの契約時と同様に、身分証明書だけで契約が行えます。

この楽天銀行ではカードローンの契約時に同時に口座を開設すると、30日間金利が無利息になるというサービスがあります。口座を持っていない人はこれも同時に利用することができます。

専業主婦の場合、融資額は最大30万円までの銀行が多いですが、この楽天銀行では最大50万円までです。また融資額だけでなく、身分証明書だけで契約が行えるのは大きなメリットです。

専業主婦は楽天銀行の利用がお得です

このように楽天銀行では専業主婦でも身分証明書だけで契約が行うことができます。限度額も最大50万円までと他の銀行より比較的多く、また契約と同時に口座を開設すると30日間の無利息期間があることも魅力です。

ネット銀行の為、ネットからの申込を行う必要がありますが、入力フォームに必要事項を入力していくだけです。必要な書類は写真に撮ったものを送信するだけなので、何も難しいことはありません。

キャッシング用のカードが届いた後はコンビニなどの提携先のATMが利用できるので、使い勝手に困ることもありません。専業主婦の人には一番おすすめできる銀行のカードローンだと言えると思います。

総量規制についての基礎知識

キャッシングやカードローンの利用する人がかならず持っておかなければならないのが総量規制の知識です。総量規制は法的な規制であるので、総量規制を越えた借入はできないのですが、例外規定や総量規制対象外などもあることに注意しなければなりません。

総量規制とはなにか

2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入されました。総量規制によって貸金業者は顧客に年収の三分の一以上の貸付をすることができなくなりました。それだけではなく、年収の三分の一以下の貸付であっても、貸金業者は自社の一社で50万円以上の貸付を行う場合や他の貸金業者と合わせて100万円以上になる貸付を行う場合には収入証明書をとることも義務つけられることになりました。
総量規制が導入された理由は多重債務者の問題が社会問題化したために、多重債務者を作らないという趣旨で導入されました。

総量規制と銀行

しかし、総量規制は貸金業法の規定であるために消費者金融などの貸金業者に適用されるようになりましたが、銀行法のよって規制を受ける銀行は総量規制の対象外となっています。すなはち、銀行からは総量規制以上の金額であっても借入をすることができるということになります。その為に総量規制が心配な人は銀行のカードローンを利用すれば総量規制にかかることはないというようなことが聞かれることがありますが、総量規制の対象外といっても銀行が貸金業者よりも借入がしやすいという意味ではなく、もともと銀行では融資は貸金業者よりも厳しい審査を行っているので、決して銀行の融資を受けやすいことにはつながりません

総量規制の例外と除外

総量規制で規制されている金額を越えて借入ができる例外と除外があります。除外とはもともと総量規制にはかからない借入で自動車ローンや住宅ローンなどが主なものとなります。例外は総量規制の金額に含まれるのですが、例外的に借入を認めるものです。おまとめローンや緊急時の借入などがこれにあたります。もちろん銀行では総量規制の対象外ですから例外も除外も関係ありません。
しかし、総量規制の例外ではあっても審査がないわけではありませんので、例外の借入をする場合には審査に通過する必要があります。

貸金業者からの借入は総量規制がネック

キャッシングなどの借入をしたい人は貸金業者から借入をするには総量規制がネックとなってしまうことがありますし、総量規制の対象外となる銀行は審査が厳しいことがネックになります。